舞台美術プランとか劇場スタッフとか、

かつては写真とかしてきた、松本謙一郎のサイト。


最近(2010年〜)はもっぱらツイッター( @thinkhand / ログ )で、ブログとしては更新してませんが。

2008年あたりは、割と色々書いてます。






























2008年5月8日

劇団の顔

王子小劇場にて負味の仕込みの立ち会い。
主な仕事は、劇場付帯サービス、困った時のケアと、禁止事項の注意。
まあ、注意とかはあまりやりたくない。

仕込みの日は、特に用事を入れてなければ、舞台が落ち着くまで、勤務時間が過ぎても居るようにしている。
トリガーの稽古のほうは、他のスタッフの動きもなく、トラブルもないようなので、行かずに終日劇場にいることにする。

まだまだ若いカンパニーながら、舞監さんがしっかりしていて、制作さんの人当たりがいいので、好印象。
劇団によっては、軽視されたり、なかなかいい人材に恵まれなかったりするが。
劇場運営する側からはこの2ポジションがしっかりしていると、非常に安心してつき合える。

0 件のコメント: